Toilet bowl
a0034673_74852.jpg
注意

排泄物の話ですので、お食事前後の方、排泄物プレイを不快に思う方は
どうぞ読むのをお控えくださいませ。

------------------------------------------------------------------

3日前から予約が入ると、食べ物を変える。
私が好きで、美味しくて体をなるべく浄化する食べ物。

繊維質。果物。でもそこに白子とか、鱧の洗いとか、戻り鰹とか。

前日はなるべく沢山食べて早く寝る。
そして朝食はやはり沢山食べる。

シリアル、豆乳、パイナップル、紅茶、マフィン、オーヴァーイージーの卵2個。

午前中は大抵オフィスで仕事して、3時半に上がる。
それからタクシーに乗って、クラブへ向かう途中で電話を入れる。

・・・もしもし、涼子です。時間通り、出勤します。

「あ、予約のお客様で伊藤様、お待ちです」

1時間も前から待つな、って何度言っても、いつも物凄く早く来て
裸んぼうで、正座して、部屋を掃除して待っている。

伊藤(仮名)は野球の選手。
だからオフと登板以外は足繁く通う。
最初はやくざの出来損ないかと思っていたけど、
筋肉がすごいのと、お尻が大きいのを不思議に思って
「スポーツでもやってる?」と聞くと本業を明かした。
嘘だと思ってテレビを見たら、確かに伊藤だったのでびっくりした。

私が事務所に顔を出すころには、
もうそろそろ我慢できないくらいの便意が来ている。
どれくらいかって言うと。
落ち着いてタバコを吸うなんて出来ないくらい。
小さい頃、おトイレに着くのが我慢できなくて足踏みしたときみたいに。

部屋では伊藤が正座して待っている。

ドカドカと部屋に上がる。
伊藤はMではないので、ご挨拶とかは出来ない。
正座して待つのは、自分の気持ちを高めるためだ。

自分でビニールシートを持ってきていて、既に部屋に広げて用意してある。
横には洗面器と、私のために使い捨てのビニール手袋。

私は一度も便秘になった事が無い。
旅行に出ると出難くなる事は有っても結局はきちんとでる。

はい、伊藤さん、元気?じゃあ便器になって。

そういうと伊藤は
「お願いしますわ、もうずっと待ってましてんで」
と言いながら
ごろり、と青いビニールシートの上に横になる。

大きな口を開けて、伊藤は待つ。

私はその上に下着を下ろして、しゃがむ。
服装は、伊藤の希望で、出勤時のままの、普通の服装。
たまにチアリーダーの格好もしてほしいとかいわれる。
伊藤は昔、アメリカに行って野球をしたかったから
チアリーダも好きらしい。何の関係が有るのだろう。

伊藤の口の中へ、排便する。
排便したものは、勿論口には収まりきらない。
だから、伊藤は口を開けたまま、もぐもぐとしている。

馬鹿。
変態。

心からそう思う。
だから思い切りそういう目で見る。

伊藤は残りの便を自分が持参した入れ物に写し
起き上がって、バスルームへ行く。
歯を磨いて、リステリンを一本、飲み干す。
そうじゃないと、しゃべるたびに臭い。

1M以上は近づかないでね、伊藤さん、だってあなた汚いから。

私がそういうと伊藤は「何回も同じことイワンでも」と笑う。

離れて座り、少しお話しをする。

「イヤー今日も美味しかったですわ」
伊藤は本当に私が好きらしい。
「そうじゃないと、こんなもん、食べられませんで!」と何度も言う。
ちなみに私はどんなに好きな人のでもそんなものを食べるのは無理だ。

伊藤はかれこれ10年ほどスカトロを続けているそうだが、
私のが一番真っ直ぐだ、という。
真っ直ぐだと何がいいのか解らない。
伊藤の夢は私の1本スカトロを噛まずに
するっとのどから通して飲み込むことだった。
でも結局出来なかった。

「別嬪さんが、ワシの顔にまたがって便器のように扱うっちゅうのがもう。」

伊藤はよくこの言葉を言った。

伊藤は2年前、引退した。
[PR]
# by ryokosm | 2004-07-13 07:50 | Master Ryo-ko
安田のデニーズ
a0034673_105217.jpg
安田(仮名)、はプレイに入る前は全く「普通の大阪のおっさん」、だ。
商社の偉い人、で、何度もヒルトンホテルで
私も安田もお互いが接待中に出会ったりして非常に面白かった。
きっちりしている性格で、4年間お中元お歳暮を
私に欠かしたことがなかったのも面白い。

「いやーこんにちわー暑いですなぁ。涼子さん、どないしてはりましたか?
あ、これ、お中元。いやいや、何ぞ好きなもんでもこうてください」

私は大抵ニコニコしながら安田の話を聞き、
安田の持ってきた道具をそろえる。

白長靴。デXーズのウエイトレスの制服。エプロン。紙で出来た帽子。
ゴム手袋。バケツ。白靴下。

プレイを始めましょうか。

私がこういう言うと、安田は制服に着替える。
私もデXーズの制服に更衣室で着替える。
安田は長靴を履いて、白い割烹着みたいな服に着替える。
着替えながら、今日はどんなプレイをしたいのか、説明する。
大体は、同じような内容なのだが。

「さあ、お前ちゃんとデXーズでバイトしてきたの?」
-----------------------------------------
私はデXーズのウエイトレス。
彼はデXーズの中では下っ端で、パートで雇われる
床掃除などしか出来ない、デXーズ命のダサい野郎の設定だ。

安田は本当はかなりのグルメだ。
一度商談でどうしても場所が必要なときに
安田曰く、「人生でたった」一度だけデXーズに入ったことがあるらしい。

その時の余りの不味さに驚き、余りのウエイトレスの接客のアホさに
びっくりし、「こんな店で働くのは究極の屈辱だろうな」と思ったそうだ。

その安田の思う最低の店の中でも、
一番下の仕事は「清掃」係で
彼らは制服がなく、長靴で表舞台には出られないそうだ。
きれいにし忘れたところがあると、準社員や正社員の
ウエイトレスたちにこっぴどく怒られるらしい。
裏の、裏の、仕事。
それに安田自身が扮し、私が、デXーズの中での
「女王様」であるウエイトレスになり、安田は苛められる、
という設定が安田の究極のいたぶられなのだ。

安田扮する「清掃係」はいつもデXーズのウエイトレス様、に憧れている設定。
デXーズのウエイトレスの癖に、偉そうに清掃係を苛める。
その状況が安田のMを駆り立てる。

実際に安田には数回、デXーズにパートに行かせた。
商社マンが週末、デXーズで清掃係として、
白長靴を履き、エタノールをかけて黙って掃除をする。
トイレに掛かっている掃除点検表に判を押して掃除を黙々とする。
トイレで3回、オナニーをしたらしい。馬鹿だ。

その興奮を忘れないうちに私のところにやってくる。

-----------------------------------------------------------------------

ね、お前の立場はなんだっけ?

安田は言う。
「はい!ワタクシは卑しい清掃係で、御デXーズ様の、
おトイレ様や、お台所様を、お掃除させていただいております!」

じゃ、簡単には私なんかに口を利いたり出来ないんだよねぇ。

「はい!御デXーズ様のおウエイトレス様は、ワタクシには神様でございます!」

安田は白長靴を履いたまま、ゴム手袋をつけて、
下半身は裸で、白い割烹着のような制服を着て
ビニールシートの上でごろりと横になり、
粗末なチンは馬鹿みたいにいきり立っているから、本当に面白い。

なんでそんなダッサい長靴はいてるの、あんた。


「はい!ワタクシは御デXーズ様に属したくても属されない、
ただの清掃係なので、お制服なんか、滅相も無いほど
地球の奥深く無視された人間でございますから
このようなダサ長靴のいでたちなのでございます!」

ばーっか。そんなダサい長靴でちんぽなんか立てて。
ところでさ、ちゃんとパートに行ったの?宝塚のデXーズ。
写真、撮ってきた?

「はい、ここでございます!」

安田は調理場でへばりついている自分の顔写真をポラで撮ってきている。
馬鹿みたいに興奮しているのが、わかる。

それでどんな掃除したの?言ってごらん。

「ワタクシは、お調理場様の床のお掃除と、おトイレ様のお便器様の
清掃と、野菜入れ様のお片づけとさせていただきました!」

その長靴どうでもいいけどどう思う?それって最低の長靴だよね。

「ああーそうでございますぅ!」

で、その長靴とあんた自身とだったらどっちが最低なわけ?

「あーそれはもう清掃係であるワタクシのほうがこのお長靴様よりも最低でございます!」

長靴に、いちいち、様、とかつける男なんて、あんたしかいないよ、この世の中で。

「お長靴様!最高です!」

じゃあさ、お長靴様、愛しています、って言ってごらん。

「お長靴様、愛していますぅ!」

長靴のためだったら死ねる、って言ってごらん。

「お長靴様のために、ワタクシのどチンポな命をささげますぅ!」

でもたかが長靴なのに、あんた死ぬの?最低だね、腐れ清掃係。

「はい、ワタクシは腐れ清掃係でダイエーで398円で売られている
この白いお長靴様よりも最低な人間です!」

じゃー、その長靴の裏を見ながらオナってごらん。

「はいー!」

私は安田の頭上に仁王立ちになり、携帯電話を取り出す。
電話を掛ける先は、勿論デXーズ。

呼び出し音が鳴る。
「はいこちらデXーズXXXX店でございます」

私は受話器を安田に渡す。

安田は興奮しながら
「あの、あの、そちらでパートの募集はされていますでしょうか」という。
言いながら、オナニーをしている。

どうやら今は募集していないといわれたようだ。
「どうしても清掃係で働きたいんです。あの、ウエイトレス様よりも
清掃係は下ですよね?」

ここらで電話は切る。一般の人に迷惑をかけるのはいけない。

安田の祖チンは馬鹿みたいにピン、としている。

長靴を脱がせて、一つを安田の頭の上に乗せる。

「ああーお長靴様!」

もう一つは安田の目の前に裏側が向くようにして胸の上に置いてやる。

「お長靴様ぁー!!」

私は安田を跨ぐ格好で、仁王立ちになって安田を見下ろす。

で、私は誰だっけ?

「ああー御デXーズ様の、おウエイトレス様でございますー!」

--------------------------------------------------------

私は安田を知ってから2回程、デXーズに行って見た。
そう考えてみると、実は生まれてからそれまで
ファミリーレストランという所には行った事がなかった。

お昼時だったので、お昼のセットみたいなものをお願いした。
美味しい、とは思わなかったが、普通だった。まあ、こんなものではないかと。

未だにどうして安田があんなにデX-ズにこだわったのかは謎だ。
ただ一ついえるのは、とにかく安田は商社マンで、ちゃんと成功した部類の男で
だから卑下されるということがかなり自分の中では
素晴らしく興奮する素材らしい。

人は自分、の知らない、届かない、持っていない立場、に憧れる。
それが必ずしも
憧れ=世間一般の「ハイクラス」とは、
決して限らないという事だ。
[PR]
# by ryokosm | 2004-07-08 10:53 | Master Ryo-ko
中山クン
中山くんは私よりも10歳年上だったけど、
クン、と呼んだほうがしっくりするのでずっと中山クン、と呼んでいた。

細身の体に、下手すればその辺りの女の子より小さなお尻で、長い足。
いつもは細身の羊革のパンツに綺麗なブラウスを合わせたりするのが得意で
おしゃれなデザイン関係の業界の人のように見えるけど
実はアンティークドールの買い付け人だった。

中山くんは男なんだけど私に無理やり女装をさせられると言う設定で
言うことを聞かないと私の乗馬鞭でのお仕置きが待っている。
フワフワにタフタのたっぷり入った人形のようなドレス、念入りな化粧、
フランスでいつも買ってくる総レースのブラとGストリング。
そして特注のかかとの部分が20CMもあるようなエナメルのハイヒール。
勿論歩くのが困難なようにわざとそう作ってある。


a0034673_105058.jpg



私はいつもきちんとしたスーツで、ハイヒールでいる。
先生、と呼ばれたらきっと似合うような、あるいは秘書。

私のショートヘアーはきちんとオールバックに撫で付けている。
鞭は乗馬用の固めの鞭。私の手の中でゆっくりと、
ぱちん、ぱちん、とその鞭は動いている。

「さあ、ご挨拶して頂戴」
始まりはいつも同じ言葉。

中山くんは消え入りそうな声でわざとご挨拶する。

「涼子様、ご無沙汰しておりました・・・・お会いしたかったです」

彼がそう言うなり、私の手は彼の頬に飛ぶ。
皮膚が弾ける様な音を立てる。
彼の頬は見る見るうちに桃色に染まる。

「そんな声じゃ、何にも聞こえないでしょう」

静かな声で諭してあげる。
私の声はめったには大きくならない。
落ち着いた声で丁寧に話す。
しょっちゅう声を荒げて怒っている人なんて、下品。

「はい、ごめんなさいぃ・・・・」

中山クンのアソコは既に先がべちゃべちゃに濡れて
Gストリングのレースを脱がせると糸を引くくらいになっているだろうけど
でも、まだ点検はしない。
まだまだ、先のこと。

「じゃあ、お前が一番不細工でだらしが無い人形なんだから、今日も
きちんと歩くお稽古よ、わかった?」

------------------------------------

彼の設定はこうだった。

彼は男だけど、私の命令で人形にさせられている。
私のことが好きなので何でも言うことは聞くし、
私の一番お気に入りの人形になりたいのだが、
ハイヒールで歩くのが不細工だから私に怒られてばっかりいる。
ましてや、実の所は男で、変なものが股の間からぶら下がっており、
それは興奮すると大きくなる。
大きくすると勿論私に怒られるのだが、
そうするとさらに興奮してしまい、
ネバネバの液を出して大事な下着を汚すし
挙句には私のお仕置きされるということに興奮するという、
恥ずかしさ極まりない行為で射精してしまう、という失態をする。

いつも怒られてばかりだが、何とかお仕置きハイヒールで
上手く歩ける日が来るように、私の特訓を受けている。
私の命令は、絶対服従。

----------------------------------------------------

フローリングの床にこつん、こつん、と彼のヒールの音が響く。
しくじらないようにゆっくり。

私は後ろからゆっくり彼のスカートを持ち上げて、彼の前の方へ
手を持っていく。
彼は私が、止まりなさい、というまで歩き続けなければならないので、
一生懸命歩いている。
やっぱり。下着は濡れている。そしていやらしい男根は大きくなっている。

その時中山クンはバランスを崩して、ぐにゃり、と足を挫く。

「ひゃぁ・・・・」

恐怖で中山クンが思わず漏らす、声。
・・・・・・・・・・・きっと、お仕置き。

「スカート持ち上げなさい。」

彼がそおっとスカートをつまむ様にして持ち上げる。
あまりにもゆっくりなのでイライラする私が、ばさっと一気に持ち上げる。
そろえてお行儀よく立っている、足の間にある隠微な風景。
綺麗な足。
豪華な下着。
そしてそれからはみ出しそうな、固くなった男根。

「ここまで上げておきなさい」

「・・・・はい・・・・・・」
消え入りそうな声で返事をする。

食い込んだGストリング。男根は上を向いて細い幅の下着に沿って
固さを誇示して上を向いている。
下着のゴムの下あたりが濡れそぼり、そこだけ濃く色が変わっている。

「ねぇ、誰がこんな風にしてもいいって言ったっけ」

そういって私は微笑みながら中山クンの顔の前で
固い乗馬鞭を左右に振ってみせる。
空を切ってビュン、と鞭は3Dの音を立てる。
そうしてその皮で出来た鞭の先で、
彼のそれを下から上までそうっとなぞり上げる。

中山クンの目がうつろになりはじめる。
お道具をゆっくり出し始める私。
スカートを自分でたくし上げて恥ずかしい所を丸出しにしながら
「ご免なさい・・・」をつぶやきつづける。

もう後の祭り。
密度が増して、部屋の温度がどんどん上がっていく時間がやってくる。
時間はもう気にならないし、どうでもいい。
[PR]
# by ryokosm | 2004-07-08 10:52 | Master Ryo-ko
踏男
a0034673_104858.jpg
部屋に入ると加藤は裸で床の上に正座して待っていないと
いきなり私の蹴りが入る。
ハイヒールの蹴りは痛い。
加藤は私が部屋に入ると、まず、足を見る。

エナメルのヒールだったら、嬉しそうに眉毛がビクッとする。
なめし革の靴だったら、非常に残念そうにする。
どっちにしても、それがまたいらつく。

照明は赤なので、部屋はちょっと暗い。
でも男の子にチップを渡しておくと
物凄く綺麗に掃除をしておいてくれるから、
どこもかしこも綺麗だ。

加藤は大抵は正座して待っているので、
私はそのままスタスタと自分の椅子に座って
「こんにちわ」と言う。

加藤はパンツ一丁だけど、顔は強面で坊主頭だ。
中肉でコンビニとかでレジの人が思わず緊張してお釣りを返すような、
弱い男だったらまず謝ってしまうような、そんな出で立ちだ。

「んーっと、なんだっけ。ご挨拶」

加藤は正座の姿勢から亀吉のように体を丸めて土下座の姿勢になる。

「涼子女王様!卑しいワタクシを便所マットにして踏みつけてくださいませ」

当分そのまま放っておく。

「何であたしがお前の頼みで汚い便所マットなんかを踏みつけなきゃいけない訳?」

思い切り立ち上がるから、カツン、と、ハイヒールは音を立てる。
イラつくんだよ、お前、という言っているような、音だ。

加藤は、カツン、という音でアソコが立つ。

ツカツカ、コツン、コツン、、、、歩く。

亀吉の頭の真横には、黒のエナメルのハイヒール。
木村さん、と言うダンスシューズの職人さんが作ってくれた。
つま先と踵にはそれぞれ先に金具が付いている。
金の金具。綺麗に磨いてある。
これを磨くためだけに来る客がいて、そいつが昨日来て磨いていった。

グイ、と、亀吉の背中の真ん中に私の足は食い込んでいく。

「ほうら、マットレスになれたんだから、何か言わなきゃいけないよねぇ。なんだっけ?」

亀吉は目をつぶっている、でも本当は目を開けて私を見たいということを
私は十分知っている。

「はい・・・・・涼子女王様、ワタクシを涼子様の素敵なおみ足のマットレスに
して頂いてありがとうございます!」

「このヒールが好きなんだよね、何でだっけ?言ってごらん?」

「はい、エナメルのお靴はワタクシのいやらしい舌でお掃除できるからです!」

「お前、白痴?誰がお前なんかに掃除させるって言った?
そんなこと勝手に決めるんじゃないよ、どうして大体お前見たいなデブの
亀吉に私がいちいち口利いてやらなきゃいけないわけ?!」

私は亀吉の背中に両足で乗っかる。
168CM45キロの私の全部が亀吉の背中に食い込む。
「うわぁああああああああ」

背中の上を歩いてみる。
歩きづらいので、もし私が背中から落ちたりしたら
それはもう亀吉のせいだ。

背中にすわり、両足を頭の上に乗せてやる。
各爪先を頭の後頭部に沿うように置き、
ヒールの踵の部分が丁度左右の耳の後ろ辺りに来るようにする。
そうすると、とても痛いから。

その姿勢でタバコを吸ってみる。そうすると、加藤は両手で
灰皿を持って上に持ち上げて支える。
頭のおでこの部分は床にぴったりとつけたままだ。
お尻を突き出したまま。
ヨガで言うとこれはChildPoseという。

段々手が震えてくる。それがまた面白い。
「ほうら!震えたら灰が落ちちゃうじゃない」
そう言って背中にわざと灰を落としたりする。

段々腹が立ってくる。
亀吉の癖に。何で灰皿持って変な格好してるやつの
背中に私が座ってやらなきゃいけない訳?

「もう灰皿いいからお前立ちなさい」

最初のご挨拶からずっと同じ姿勢で20分ほどいた亀吉も
やっと亀吉ポーズから開放されて、よろよろとしながら立ち上がる、

そのよろよろの時に、
思いっきり蹴りを入れる。

よろける。「あっ!すみません!」
また蹴る。
倒れる。
「ああ、おみ足が近くにおいで下さって加藤は幸せでございます!」

ほっぺたが歪む。踏みつける。
私はもうヒールを脱いでしまっている。
蹴りを入れるには脱いだほうがしやすい。

蹴る。蹴って蹴って、蹴る。転がり続ける加藤。
ぐりぐりと床に加藤の顔がめり込むように踏み続ける。

「ああ、、、おみ足が、、、、いい子にします、、、、」
「何でも言うこと聞く?」
加藤は「はい!何でも言うこと聞きます!」

「そう、じゃあ、その小汚いチンポ、小さくして御覧なさい」

そう言ってさらにグイ、と踏みつける。
そんな芸当、加藤には出来ない。
世界で最上のお仕置きをされているのに、あそこを小さくしろだなんて・・・。

それでも女王様の御命は絶対服従。

「あっはい、はい、あっ、あっ、はい、がんばります、ちいさくします」
加藤は呪文のように言い続けるので、それがまた鬱陶しくなる。

ぐりぐりと私の生足が加藤の頬に張り付く。
加藤はタコのような顔になって歪んでいる。

思い出したように私が言う。

「何でも言うこと聞けるって言ったの、嘘だったんだね」

「ああ!違います!がんばっているんですが、悪いチンポなんです!
申し訳ございません!がんばります!」

そういえば言うほど加藤は興奮する。
体を横に横たえて、脇腹から乗ってみる。

「ううううぅうう・・・・」
「ほうーら、おみ足が有って嬉しいでしょう?お返事は?」
「ありがとうございます、ああ、いい子にしないと、お掃除が・・・・」

そうして加藤がいい子の日は、一番最後に
頭の上に片方のエナメルのヒールを乗せられて、
正座をしながらもう片方のエナメルのヒールを舌で綺麗に
舐めあげるというのを許してもらえる。

その後、加藤は私の前で絶対にオナニーはせずに、
シャワー室で処理してもいいか必ず私に聞いてから
オナニーして済ます。
加藤が射精しているのを私は一度も見たことが無い。
[PR]
# by ryokosm | 2004-07-08 10:50